ジャックスカードプラチナは最強のプラチナカード?年会費分の価値はあるのか徹底解説

ジャックスカードプラチナは、株式会社ジャックスが発行するプラチナカードです。

この記事を読まれている方は「ポイント還元率や特典は年会費分の価値はあるの?」「ポイント還元率は高い?」「特典は何があるの?」「審査の難易度は?」「キャンペーンは今何やっているの?」など、ジャックスカードプラチナを作るにあたって色々悩まれていることでしょう。

そこで、今回はジャックスカードプラチナの特徴・ポイント還元率・特典から審査の難易度、キャンペーンやよくある質問まで徹底解説

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

この記事で分かること
  • ポイント還元率は通常1.5%
  • 貯まるポイントはラブリィポイント
  • ポイント還元率や特典は年会費分の価値がある
  • 年会費は22,000円
  • 前年度の利用額に応じて還元率は最大2.0%
  • 通常33,000円の招待日和を無料で利用可能
  • 旅行保険・ショッピング保険が付帯している
  • 家族カードの年会費・発行手数料は無料
  • 審査の難易度は厳しめ
  • 入会キャンペーンは現在開催していない
こんな人におすすめ
  • 年間の利用額が200万円以上で高還元率のカードがほしい方

目次

ジャックスカードプラチナのポイントプログラムは年会費分の価値はある?

ジャックスカードプラチナのポイント還元率は通常1.5%です。そして、カードの年会費は22,000円のため、通常のポイント還元率だけで考えると年間約150万ほどのカード利用で年会費の元を取ることができます。

しかし、気になるポイントは「年会費以上に価値はあるのか」。年会費とトントンになるだけでは、あまり意味はありませんよね。まずは、ジャックスプラチナのポイントプログラムからチェックしていきましょう。

ジャックスカードプラチナのポイントプログラム

ジャックスカードプラチナのポイントプログラムは以下の3つです。

  • 基本のポイント還元率は1.50%!基本還元率の高さはトップクラス
  • 年間の利用額によって還元率が変わる「ラブリィ☆アップステージ」
  • 年間利用額に応じて最大1万円分のポイントをプレゼント!

それぞれ詳しく解説していきます。

基本のポイント還元率は1.50%!基本還元率の高さはトップクラス

ジャックスカードプラチナのポイント還元率は通常1.5%。通常時におけるポイント還元率の高さはクレジットカードの中でトップクラスです。

年間の利用額によって還元率が変わる「ラブリィ☆アップステージ」

ジャックスカードプラチナでは、前年度の利用額によって還元率が変わる「ラブリィ☆アップステージ」という制度があります。前年度の利用額とポイントアップ率(ポイント還元率)の関係は以下の通りです。

前年度の利用額ポイントアップ率(ポイント還元率)
300万円以上100%(還元率2.00%)
200万円以上90%(還元率1.95%)
150万円以上80%(還元率1.90%)
100万円以上70%(還元率1.85%)
50万円以上50%(還元率1.75%)

年間利用額に応じて最大1万円分のポイントをプレゼント!

ジャックスカードプラチナでは、前年度の利用額に応じて最大1万円分のボーナスポイントがプレゼントされます。前年度の利用額と獲得ポイント数の関係は以下の通りです。

前年度の利用額獲得ポイント
300万円以上10,000円分
200万円以上5,000円分
150万円以上3,000円分
100万円以上2,000円分
50万円以上1,000円分

二年目以降は前年度の利用金額によって還元率が変わるのがポイント

ジャックスカードプラチナの年会費は22,000円。前年度の利用額が200万円未満ならば150万円以上の利用前年度の利用額が200万円以上ならば100万円以上の利用で年会費の元を取れます。

カード年会費の元を取れる年間の利用額(損益分岐点)における年間利用額別のシミュレーションは、以下の通りです。

還元率カード年会費の元を取れる年間の利用額(損益分岐点)
1.5%
(前年度の利用額50万円未満で適用)
約147万円
1.75%
(前年度の利用額50万円~100万円未満で適用)
約126万円
1.85%
(前年度の利用額100万円~150万円未満で適用)
約119万円
1.90%
(前年度の利用額150万円~200万円未満で適用)
約116万円
1.95%
(前年度の利用額200万円~300万円未満)
約113万円
2.0%
(前年度の利用額300万円以上ので適用)
110万円

プラチナカードの中では断トツの還元率!プラチナプリファードにも勝る

ポイント特化型のプラチナカードとして話題の三井住友カード プラチナプリファードですが、基本の還元率は三井住友カード プラチナプリファードよりジャックスカードプラチナが高還元率

ジャックスカードプラチナ・三井住友カード プラチナプリファードの獲得ポイントにおける、年間利用額別のシミュレーションは以下の通りです。

年間利用額ジャックスカードプラチナ三井住友カード プラチナプリファード
50万円−12,250−28,000
100万円−1,500−13,000
150万円9,500−8,000
200万円22,0007,000
250万円31,75012,000
300万円48,00027,000
350万円58,00032,000
400万円68,00047,000

※各カードにおける獲得ポイント数は、年間利用額別の獲得可能ポイント数からカードの年会費を引いた数
※ポイント還元率は、ジャックスカードプラチナは「ラブリィ☆アップステージ」制度を適応した還元率三井住友カード プラチナプリファードは1.0%の基本還元率と継続特典のポイント(年間利用額100万円ごとに1万ポイントで最大4万ポイント)を適用
※ジャックスカードプラチナの年会費は22,000円、三井住友カード プラチナプリファードの年会費は33,000円

しかし、三井住友カード プラチナプリファードは特約店の多さがポイントのカード。セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなどの還元率が3.0%になる特約店の利用が毎月5万円以上あり、さらに年間利用額200万以上なら三井住友プラチナプリファードがお得です。

いちいち特約店を気にするのが面倒な方や、特約店で使う金額もまばらだという方はジャックスプラチナがおすすめです。

関連記事
  • 三井住友カード プラチナプリファードはお得?ポイント還元率・年会費・メリット・審査・評判など徹底解説

年間利用額が200万円未満の場合には一般カードの方がお得に

以下の表は、年間の利用額とジャックスカードプラチナ・楽天カードリクルートカードの獲得ポイントにおける、年間利用額別のシミュレーションの数字になります。

年間利用額ジャックスカードプラチナ楽天カードリクルートカード
50万円−12,2505,0006,000
100万円−1,50010,00012,000
150万円9,50015,00018,000
200万円22,00020,00024,000
250万円31,75025,00030,000
300万円48,00030,00036,000
350万円58,00035,00042,000
400万円68,00040,00048,000

※各カードにおける獲得ポイント数は、年間利用額別の獲得可能ポイント数からカードの年会費を引いた数
※ポイント還元率は、ジャックスカードプラチナは「ラブリィ☆アップステージ」制度を適応した還元率・楽天カードは1.0%・リクルートカードは1.2%のポイント還元率を適用
※ジャックスカードプラチナの年会費は22,000円、楽天カード・リクルートカードの年会費は無料

ポイント還元率の観点だけで言うと、年間200万円以上のカード利用であれば年会費が無料のカードよりもジャックスカードプラチナの方がお得と言えます。一方で、年間200万円未満のカード利用であれば還元率1.2%のリクルートカードや楽天でお得に使える楽天カードの方が良いでしょう。

ただし、ジャックスカードプラチナはこの2券種と比べて充実した特典が付帯しています。次の項目で特典について詳しく見ていきましょう

ジャックスカードプラチナの特典は年会費分の価値はある?

年間200万円未満の利用であれば、楽天カードリクルートカードの方がお得になってしまうジャックスプラチナカード・

しかし、ジャックスカードプラチナはポイント還元率だけでなく、グルメ、旅行や保険に関する特典も充実しています。ここでは、はたしてジャックスカードプラチナの特典に年会費分の価値はあるのかを徹底解説。

まずは、ジャックスプラチナの特典をチェックしていきましょう。

ジャックスカードプラチナの特典

ジャックスカードプラチナの特典は以下の8つです。

  • 24時間365日対応のコンシェルジュ
  • 空港ラウンジサービス「Lounge KEY」
  • ダイニング by 招待日和
  • プレミアムダイニング
  • 食べタイム
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • ショッピング保険

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

24時間365日対応のコンシェルジュ

ジャックスカードプラチナを持っていれば、ジャックスカードプラチナ会員専用デスクである「コンシェルジュ」を利用可能。

24時間365日国内・海外旅行のホテル予約・レストラン予約など旅行に関する様々なサポートを行ってくれます。

空港ラウンジサービス「Lounge KEY」

ジャックスカードプラチナを持っている場合、空港ラウンジサービス「Lounge KEY」の利用が可能に。

Lounge KEYの登録があれば国内外を問わず1,000ヵ所以上の提携空港ラウンジを年6回まで無料利用できます。航空会社や搭乗クラスを問わず、ほぼすべての空港ラウンジで軽食・ドリンク・無料Wi-Fi・電源の利用も可能。

空港ラウンジにおける平均料金は約3,500円。そのような空港ラウンジが6回も無料で使えるとなると、約21,000円分もお得に使えることになります。

空港ラウンジにおける平均料金の6回分と言える約21,000円が無料になるので、費用面でもメリットが大きい特典と言えます。

ダイニング by 招待日和

「ダイニング by 招待日和」は、レストランのメニューコースを2名以上で利用した場合に1名分の料理代が無料になる特典です。国内を中心に200以上のお店から選択でき、シンガポール・ハワイ・台湾にも対象店舗があります。

一般カード・家族カードそれぞれ月に2回まで利用できます。

プレミアムダイニング

プレミアムダイニングでは、帝国ホテル東京・ホテルニューオータニ東京・リーガロイヤルホテル東京などの有名ホテルのブッフェや星付きレストランを優待料金で利用できます。

食べタイム

食べタイムでは、コメダ珈琲店・なか卯・魚民などの全国で利用できる人気飲食チェーン店から居酒屋までの飲食店において、割引クーポンや無料サービスなどの特典を受けられます。

海外旅行保険

ジャックスカードプラチナの海外旅行保険では、海外旅行での病気・ケガ・盗難などを最大で1億円まで補償。海外旅行保険の詳細は以下の通りです。

死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)
家族特約2,000万円(自動付帯:2,000万円)
傷害治療300万円(自動付帯:300万円)
家族特約200万円(自動付帯:200万円)
疾病治療300万円(自動付帯:300万円)
家族特約200万円(自動付帯:200万円)
携帯品損害100万円(自動付帯:100万円)
家族特約100万円(自動付帯:100万円)
賠償責任3,000万円(自動付帯:3,000万円)
家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
救援者費用300万円(自動付帯:300万円)
家族特約200万円(自動付帯:200万円)
航空機遅延保険15万円
※乗継遅延費用3万円・出航遅延費用等3万円・寄託手荷物遅延費用3万円・寄託手荷物紛失費用6万円
家族特約15万円
※乗継遅延費用3万円・出航遅延費用等3万円・寄託手荷物遅延費用3万円・寄託手荷物紛失費用6万円

国内旅行保険

ジャックスカードプラチナの国内旅行保険では、国内旅行での病気・ケガ・盗難などを最大で1億円まで補償。国内旅行保険の詳細は以下の通りです。

死亡後遺障害10,000万円
家族特約1,000万円
入院保険金日額5,000円
家族特約5,000円
通院保険金日額3,000円
家族特約3,000円
手術保険金5,000円
家族特約5,000円
航空機遅延保険15万円
※乗継遅延費用3万円・出航遅延費用等3万円・寄託手荷物遅延費用3万円・寄託手荷物紛失費用6万円
家族特約15万円
※乗継遅延費用3万円・出航遅延費用等3万円・寄託手荷物遅延費用3万円・寄託手荷物紛失費用6万円

ショッピング保険

ジャックスカードプラチナのショッピング安心保険は、国内・海外を問わずカードで購入した商品における破損・盗難などの損害を補償してくれるサービス。購入日から90日間、本カード・家族カードそれぞれ1名につき年間300万円まで補償してくれます。

特典だけでも年会費分以上の価値あり!レストランが1名分無料になる招待日和はかなりお得

ジャックスカードプラチナには多くの特典があります。その中でも、明確に特典の金額が分かるのは以下の2つです。

特典金額
空港ラウンジサービス「Lounge KEY」21,000円
※空港ラウンジにおける平均料金の6回分
ダイニング by 招待日和33,000円
※招待日和の年会費

上記2つの特典は、合計で54,000円。ジャックスカードプラチナの年会費は22,000円のため、上記2つの特典だけで年会費分よりも価値があります。

ジャックスプラチナカードは年会費分以上の価値がある最強プラチナカード

ジャックスカードプラチナでは、ポイントプログラム・特典ともに年会費分よりも価値があります。ここで、改めてジャックスカードプラチナの基本情報を確認していきましょう。

ジャックスカードプラチナの基本情報

ジャックスカードプラチナ
年会費22,000円
ポイント還元率1.50%
貯まるポイントラブリィポイント
交換可能マイルANAマイル・JALマイル
国際ブランドMastercard
締め日・引き落とし日月末締め・翌月27日払い
申込条件23歳以上で本人に安定継続収入のある
※学生不可
ショッピング保険あり
旅行保険あり
電子マネー機能
スマホ決済Apple Pay・Google Pay・楽天Pay
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
家族カード年会費:無料
※3枚まで発行可能
ETCカード年会費:無料
カードが届くまでの期間1週間〜1ヶ月程度

ジャックスカードの審査の難易度・基準

申込条件・属性別の審査状況を集計した結果、ジャックスプラチナカードの審査は厳しめということが分かりました。

申込条件23歳以上で本人に安定継続収入のある
※学生不可
主婦の審査通過×
学生の審査通過×
フリーターの審査通過
無職の審査通過
総合評価厳しめ

ジャックスプラチナカードはプラチナカードであり、ステータス性のあるカード。審査通過には一定の年収が必要なため、主婦・学生・フリーター・無職での審査通過は厳しいと言えます。

しかし、ジャックスプラチナカードは、インビテーション無しで申し込みが可能。実際にネット上では、インビテーション無しで、会社に勤めている方が審査に通過した投稿を発見しました。

年収300万円以上あれば審査に通過する可能性あり!

ジャックスプラチナカードは、毎月一定以上の収入がある方であれば、審査の難易度は意外と厳しくありません。弊社のスタッフが実際に申し込んでみたところ、以下のスペックで審査に通過することができました。

  • 年収360万
  • 未上場企業
  • 勤続年数2年~3年
  • 正社員

毎月一定の収入があり300万円以上の年収がある方なら、一度トライしてみる価値はあるでしょう。

ジャックスカードのキャンペーン情報

現在、ジャックスプラチナカードの入会キャンペーンは行われていません。

ジャックスプラチナカードの比較

ジャックスプラチナカードがよく比較される、エポスプラチナカード・ジャックスゴールドカードと比較。ここでは、以下の2点を比較していきます。

  • 基本スペック
  • 付帯サービス

それでは、それぞれ詳しくみていきましょう。

エポスプラチナカードと比較

基本スペックの比較

結論:基本スペックは交換可能マイル・旅行保険が同じで、それら以外は異なる。

カード年会費ポイント還元率貯まるポイント交換可能マイル国際ブランド締め日・引き落とし日申込条件ショッピング保険旅行保険電子マネー機能スマホ決済ショッピング利用可能枠キャッシング利用可能枠家族カードETCカード
ジャックスプラチナカード22,000円1.50%
ラブリィポイントANAマイル・JALマイルMastercard月末締め・翌月27日払い23歳以上で本人に安定継続収入のある
※学生不可
ありありApple Pay・Google Pay・楽天Pay年会費:無料
※3枚まで発行可能
年会費:無料
エポスプラチナカード通常30,000円
※年間利用額が100万円以上:翌年度以降20,000円
※招待(インビテーション):20,000円
0.50%エスポポイントANAマイル・JALマイルVISA1.4日締め・翌月4日払い
2.27日締め・翌月27日払い
20歳以上の方なしありApple Pay・Google Pay・楽天Pay・epos pay年会費:無料
*1枚まで発行可能

付帯サービスの比較

結論:付帯サービス空港ラウンジ無料利用・海外トラベルデスクが同じで、それら以外は異なる。

カードオリジナル特典ポイントアップ優待空港ラウンジ無料利用プライオリティ・パス海外トラベルデスク海外旅行保険国内旅行保険ショッピング保険
ジャックスプラチナカードコンシェルジュラブリィ☆アップステージ制度で年間300万円以上の利用で、翌年の還元率は最大2.00%ありなしあり最大10,000万円(自動付帯:10,000万円)
家族特約:2,000万円(自動付帯:2,000万円))
最大10,000万円
家族特約:1,000万円
海外:年間300万円まで
国内:年間300万円まで
エポスプラチナカード・誕生日月のカード利用で、ポイント還元率は2倍
・選べるポイントアップショップにおける利用で、ポイント還元率は最大3倍
・マルイ・モディにおける利用で、ポイント還元率は2倍
ありプレステージあり最大10,000万円(自動付帯:10,000万円)最大10,000万円なし

ジャックスゴールドカードと比較

基本スペックの比較

結論:基本スペックは貯まるポイント交換可能マイル締め日・引き落とし日・ショッピング保険・旅行保険スマホ決済ETCカードが同じで、それら以外は異なる。

カード年会費ポイント還元率貯まるポイント交換可能マイル国際ブランド締め日・引き落とし日申込条件ショッピング保険旅行保険電子マネー機能スマホ決済ショッピング利用可能枠キャッシング利用可能枠家族カードETCカード
ジャックスプラチナカード22,000円1.50%
ラブリィポイントANAマイル・JALマイルMastercard月末締め・翌月27日払い23歳以上で本人に安定継続収入のある
※学生不可
ありありApple Pay・Google Pay・楽天Pay年会費:無料
※3枚まで発行可能
年会費:無料
ジャックスゴールドカード5,500円
※初年度は無料
0.50%〜0.75%ラブリィポイントANAマイル・JALマイルVISA・Mastercard
・JCB
月末締め・翌月27日払い20歳以上で本人に安定継続収入のある
※学生不可
ありありApple Pay・Google Pay・楽天Pay年会費:550円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(18歳以上)
※3枚まで発行可能
年会費:無料

付帯サービスの比較

結論:付帯サービスは空港ラウンジ無料利用・プライオリティ・パス海外トラベルデスクが同じで、それら以外は異なる。

カードオリジナル特典ポイントアップ優待空港ラウンジ無料利用プライオリティ・パス海外トラベルデスク海外旅行保険国内旅行保険ショッピング保険
ジャックスプラチナカードコンシェルジュラブリィ☆アップステージ制度で年間300万円以上の利用で、翌年の還元率は最大2.00%ありなしあり最大10,000万円(自動付帯:10,000万円)
家族特約:2,000万円(自動付帯:2,000万円))
最大10,000万円
家族特約:1,000万円
海外:年間300万円まで
国内:年間300万円まで
ジャックスゴールドカード・ラブリィ☆アップステージ制度で年間300万円以上の利用で、翌年の還元率は最大2.00%
・毎年12月はポイント還元率が3倍
ありなしあり最大3,000万円(自動付帯:3,000万円)最大3,000万円海外:年間100万円まで
国内:年間100万円まで

ジャックスカードのよくある質問

最後に、ジャックスプラチナカードのよくある質問をまとめたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

Q. ジャックスプラチナカードのインビテーションはある?

げん玉編集部

げん玉編集部

ジャックスプラチナカードには、インビテーション制度はありません

Q. ジャックスプラチナカードはコンタクトレス対応?

げん玉編集部

げん玉編集部

対応しています。ジャックスプラチナカードでは、Mastercardのコンタクトレス決済を利用可能です。

Q. ジャックスプラチナカードの限度額はいくら?

げん玉編集部

げん玉編集部

ジャックスプラチナカードの限度額は申し込み時に決めることが可能。ただし、審査状況によって限度額は変わることがあります。

まとめ

今回は、ジャックスカードプラチナの特徴・ポイント還元率・特典から審査の難易度、キャンペーンやよくある質問まで紹介しました。紹介した内容をふまえて、ジャックスカードプラチナは以下のような人におすすめです。

  • 年間の利用額が200万円以上で高還元率のカードがほしい方

当てはまる方は、ぜひジャックスカードプラチナを作ってみてください。

関連記事
関連記事