MENU

au回線でおすすめな格安SIM8選!【通信速度の速さならau回線】

au回線エリアに居住している、もしくはauユーザーの方はau回線に対応した格安SIMを利用しましょう。docomo回線よりも対応しているMVNOが少ないため注意してください。

ただ、「au回線が他の回線よりも優れているところってあるの?」「通信速度が速いと聞くが本当?」など、悩みや不安をお持ちの方もいるはず。

そこで本記事では、au回線の通信速度についてはもちろん、格安SIMごとの特徴、au回線のメリット・デメリットなどを詳しく解説しているので、最後まで読めばきっと悩みや不安が解消できるはず。

au回線の格安SIMをお探しの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事からわかること
  • 3つの選び方から自分にぴったりの格安SIMを見つけられる
  • メリットとデメリットから、あなたがau回線に向いているかがわかる
  • オンラインで完結する乗り換え(MNP)方法

au回線を利用している格安SIMの選び方

はじめに、格安SIMの選び方を3つご紹介します。SIMの種類と月額料金の安さ・使い方に適した通信容量・実店舗の有無が選ぶポイントです。

SIMの種類と安さで選ぶ 

格安SIMは大手キャリアよりも月額料金が安価なのが最大の魅力。さらにSIMカードの種類によってもプランの料金がかわります。「音声通話付きSIM」は、電話機能が付いたSIMカードです。現在使っている電話番号を格安SIMに引き継げます。

「データ通信専用SIM」は、電話機能がないSIMカードです。月々の料金を少しでも抑えたい方は、データ通信SIMがおすすめ。音声通話付きSIMに比べ、データ専用SIMの方が月額500円~1,000円ほど安くなります。

電話ができなくなるデメリットはありますが、LINEやSkypeなどアプリを利用した通話は可能です。普段、アプリで通話をする機会が多い方は、データ通信SIMが断然お得になります。

使い方に適した通信容量で選ぶ

自分が1ヶ月に利用するデータ通信容量をしっかりと把握してからプランを選びましょう。契約したプランで容量が足りなかったら追加購入が必要、容量が余るようならプラン料金を無駄にしているということです。自分に合ったデータ通信容量で契約することが、通信費を抑えることにもつながります。

一般的にデータ通信容量が少ないプランの方が、月額料金は安くなります。消費が多い方でも、オプションによってデータ通信容量を節約できる格安SIMもあるのでチェックしましょう。

たとえば、mineoは契約者同士でGBをシェアできたり、BIGLOBEモバイルは特定のエンタメアプリの通信料がカウントフリーになり、データ容量を温存できたりします。それぞれの格安SIMのプランだけでなく、オプションの内容も比較してみてください。

実店舗の有無で選ぶ

格安SIMは設備投資やメンテナンスにかかるコストを少なくすることで、キャリアに比べて月額料金を低く抑えています。そのため格安SIMの中には、実際に訪問して問い合わせができる店舗やショップがない場合が多いです。また実店舗はあるが数が少なく、住んでいる地域にはない場合もあります。

格安SIM初心者で直接操作などを教えてもらいたいという方は、実店舗のある格安SIMを選びましょう。オンラインでの問い合わせ対応で十分な方は、実店舗がない格安SIMでも問題ありません。

一度乗り換えると、長期間格安SIMを利用することになります。長い目で使いやすい格安SIMを選びましょう。

au回線を利用したい方におすすめな格安SIM8選!

ここからは、編集部がおすすめする格安SIM8選を掲載します。プラン料金の安さ・データ通信容量が節約できるか・実店舗があるかの3つに分類しているので、ぜひ参考にしてください。

※本記事の料金はすべて税込価格で記載しております。
※本記事に掲載されているキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。詳しくは公式サイトをご確認ください。

プラン料金が安い格安SIM

まずは、プラン料金が安い格安SIMを2つご紹介します。月額料金を抑えたい方におすすめです。

QTモバイル

出典:QTモバイル公式サイト
QTモバイルの特徴
  • 利用開始月〜6ヶ月目まで月額1,000円以下で利用できるプランがある
  • 「QTモバイルアプリ」からの電話で通話料金が安くなる
  • 今のスマホがそのまま使える
 

QTモバイルは、au回線(Aタイプ)だけでなくドコモ回線(Dタイプ)、ソフトバンク回線(Sタイプ)の格安SIMを提供しているので、全てのスマホがそのまま使えます。電話番号も移行できます。

音声通話付きSIMのプラン料金は、利用開始月から6カ月目までは1GB月額979円(税込)、その後は1,595円(税込)です。「QTモバイルアプリ」から電話をすると、20円(税込)/30秒の通話料が15円(税込)/30秒と安く利用できます。通話を頻繁にする方は、「無制限かけ放題」や「10分かけ放題」のオプションもおすすめです。

データ通信専用SIMの1GBプランは、利用開始月から6か月目までは月額770円(税込)、以降は月額880円(税込)となります。

QTモバイルはこんな人におすすめ!
  • 九州電力の「ご家庭向け電気料金プラン」利用中の方におすすめ。まとめてあんしん割が適用され、音声通話付きSIMプランの月額料金から毎月110円(税込)割引になります。
    4
    女性/20代/自由業/東京都
    • QTモバイルは、ドコモ回線とau回線、ソフトバンク回線の格安SIMを提供しているので、今のスマホがそのまま使えるところが良いと思います。ネット環境はまずまずだと思います。
    4
    男性/40代/自営業/福岡県
    • 毎月の通信費がかなり無駄遣いだと感じ格安SIMに変更しました。通信費は節約できて使いやすさもほとんど変わらなかったのでとても満足しています。

    IIJmio

    出典:IIJmio公式サイト
    IIJmioの特徴
    • 音声通話付きSIMは2GB月額858円(税込)から
    • 最低契約期間がない
    • 「みおふぉんダイアル」アプリ経由で国内外ともに通話料が半額になる
     

    IIJmioのau回線は、音声通話付きSIMとSMS付きSIMの2種類から選べます。SMS付きとは、データ通信専用SIMの内容にショートメッセージ機能がプラスされたものです。それぞれ、2GB、4GB、8GB、15GB、20GBのプランから選べます。

    2GBのそれぞれの料金は、音声通話付きが月額858円(税込)、SMS付きは月額825円(税込)です。月額料金の値上がりや2年縛り、契約解除料(ギガプランの場合)もないので、安心して利用できます。

    通常時の通話料は22円(税込)/30秒ですが、IIJmioの専用アプリ「みおふぉんダイアル」を利用すると半額の11円(税込)/30秒で通話できます。また、家族間ではさらに安くなり、8.8円(税込)/30秒になるのでお得です。

    IIJmioはこんな人におすすめ!
    • 光回線もセットで契約を考えている方におすすめです。IIJmioひかりとIIJmioのSIMサービスの両サービスを契約すると、契約期間中はずっと月額660円引きで利用できます。
      5
      女性/30代/会社員/神奈川県
      • IIJmioはSIMのプランが沢山あり、音声通話できるSIMやデータのみのSIMなど、自分に合うものをしっかりと選ぶことができました。料金も安かったし、高速通信に対応しているので速度が早くて良かったです。
      3
      女性/30代/専業主婦(夫)/兵庫県
      • 電波状況や使い勝手など大手キャリアと何も変わらないのに、格安SIMに変えるだけで月々の支払いがとても安くなり満足しています。大手キャリアじゃないといけない理由がないのでもっと早く変えていれば良かったと感じています。

      データ通信容量を節約できる格安SIM

      次に、データ通信容量を節約したい方におすすめの格安SIMを3つご紹介します。容量を無料でもらえるサービスやエンタメオプションなど、色々な特典があります。

      mineo

      出典:mineo公式サイト
      mineoの特徴
      • 1GBから20GBまで4つのプランから選べる
      • 全国のmineoユーザーでパケットをシェアできる
      • mineoのサービスをプチ体験できる

      音声通話付きとデータ通信専用、それぞれ1GB~20GBまで4つのプランが用意されています。音声付きは、1GB月額1,298円(税込)から。データ通信専用は、1GB880円(税込)からです。もっとデータ通信容量がほしいという方は、5GBや10GB、20GBから選ぶとよいのですが、mineoならではのサービスを利用するのもアリです。

      それは、全国のmineoユーザーでパケットをシェアできる「フリータンク」を利用すること。容量が余ってしまった人は不要な分をフリータンクへ。そして、足りなかったという人は、毎月21日から末日までフリータンクから容量を引き出せます。1か月に使用できる回数は1人2回まで、利用できる容量は合計1,000MBです。

      mineoはこんな人におすすめ!
      • お試ししてから決めたいという方におすすめ。音声付きSIMなら基本料金1,100円(税込)、データ通信専用なら330円(税込)でお試し200MBコースを体験できます。フリータンクも利用できるので、契約後のイメージを膨らませやすいです。
        4
        女性/20代/会社員/愛知県
        • 夫婦2人で16,000円だった携帯代が、mineoに変えて2人で3,800円になりました。お昼頃に速度がちょっと落ちることはありますが、今のところ不都合はありません。
        3
        女性/30代/会社員/岐阜県
        • 大手キャリアの時は月々の使用料が8,000円位でしたが、mineoに変更して2,500円位に安くなりました。日中に不便さを感じる事はあまりありませんが、お昼時など接続している人が多いと思われる時間帯はネット接続が遅くなる事があるのがデメリットです。

        BIGLOBEモバイル

        出典:BIGLOBEモバイル公式サイト
        BIGLOBEモバイルの特徴
        • 「BIGLOBEでんわ」アプリ経由の通話で国内通話料が約半額
        • YouTube・Abemaなどがデータ消費なしで楽しめる「エンタメフリープラン」
        • 音声通話付きは1GB月額770円から
         

        BIGLOBEモバイルは通話オプションが4種類あります。「10分かけ放題」または、最大90分の国内通話が可能な「通話パック90」は、月額913円(税込)。「3分かけ放題」「通話パック60」は、月額660円(税込)です。

        そのほか、専用アプリ「BIGLOBEでんわ」を経由して通話すると、9.9円(税込)/30秒と国内通話料が通常時の約半額で利用できます。よく通話する方にはうれしいサービスが充実しています。

        さらに、YouTube・Abemaなどストリーミングサービスが使い放題になる「エンタメフリーオプション」は月額308円(税込)の追加で利用できるのも魅力。指定のエンタメであれば、どんなに楽しんでもデータは消費されません。

        プランは、1GB・3GB・6GB・12GB・20GB・30GBから選べます。

        BIGLOBEモバイルはこんな人におすすめ!
        • BIGLOBE家族割があるので、家族で格安SIMに乗り換えを検討している方におすすめです。2回線目から月額料金が毎月220円割引になり、他の特典とも併用できます。
          5
          女性/30代/会社員/神奈川県
          • BIGLOBEモバイルはサポート体制が充実していたので良かったです。SIMの使い方や困ったときの対応まで、チャットや電話窓口でしっかりと対応してくれたので安心して使うことができました。
          4
          男性/40代/自営業/栃木県
          • 以前はドコモのスマホを使っていました。そんなに使わなくても毎月、結構な料金がかかっていたので、格安SIMであるBIGLOBEモバイルに変えました。料金が半額以下になり、あまりスマホを使わない自分にはこれで十分かなと思いました。

          nuroモバイル

          出典:nuroモバイル公式サイト
          nuroモバイルの特徴
          • 翌月のデータを前借りできる
          • 「お試しプラン」は解約金がかからない
          • 「nuroモバイルでんわ」アプリ経由の通話で国内通話料が半額
           

          nuroモバイルには、自分の翌月のデータを前借りできる「データ前借り」サービスがあります。通信容量を追加で購入する「容量チャージ」ではないため、追加料金を払わずに足りない月のデータ通信容量を補えるのがメリットです。10MB以上から1MB単位で利用でき、最大2GBまで前借りができます。

          通話料をお得にできるサービスもあります。通常22円(税込)/30秒ですが、「nuroモバイルでんわアプリ」を使って通話すると、半額の11円(税込)/30秒で通話が可能です。また、端末によってはアプリを使わずに通話先の電話番号の前に「0037-692」を付けるだけでも半額で利用できます。

          nuroモバイルが気になるという方は、「お試しプラン」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。1ヶ月のデータ容量は0.2GBですが、音声通話付きSIMでも解約金が一切かかりません。通信速度や使い勝手などが不安な方でも試してみれば、契約時も安心できます。

          nuroモバイルはこんな人におすすめ!
          • 「パケットギフト」を利用すると余ったデータ容量を譲受できるため、友人や家族でnuroモバイルを使用している方におすすめです。ただし同じ回線同士のみなので、契約する際には注意しましょう。
            4
            男性/30代/会社員/東京都
            • NUROモバイルはデータ通信専用のプランで契約でき月額もキャリアと比べ安いので、通話をする端末とネットをする端末と2台を使い分けて使用しているのですが総合的なコストカットになり満足しています。
            3
            男性/40代/自営業/千葉県
            • 通信コストを下げるためこちらの格安SIMを使いましたが、月額料金の安さにはとても良かったです。それに夜間はストレスなく使うことができましたが、日中に関して速度の遅さがデメリットです。昼間の通信速度が遅いというデメリットがあります。以上の理由から満足度は普通でした。

            実店舗がある格安SIM

            最後に、実店舗のある格安SIMを3つまとめました。オンラインや電話でのやりとりだと不安という方は、こちらから探してみましょう。

            UQモバイル

            出典:UQモバイル公式サイト
            UQモバイルの特徴
            • au回線を利用できるので通信速度が安定していて速い
            • 「くりこしプランS」に契約すると月額1,628円(税込)で使用できる
            • 数多くの実店舗がある
             

            UQモバイルは、実店舗が豊富です。UQスポットでは、新規(MNP)申し込み・契約情報変更・修理の受付を行っています。au Styleとau ショップ(一部店舗を除く)では、新規(MNP)申し込み・契約情報変更・機種変更が可能です。また、全国に2,700店舗以上を展開しているUQ mobile取扱店では、新規(MNP)申し込み・機種変更に対応してくれます。

            この実店舗の多さは、UQモバイルはauのサブブランドというメリットでもありますが、通信速度でもサブブランドの強みを活かしています。他のau回線を利用した格安SIMよりも通信速度が安定しているのが魅力です。通常の受信速度は最大150Mbpsとauとほとんど変わりません。通信速度の速さを重視しているのであれば、UQモバイルを前向きに検討しましょう。

            2021年の2月に料金プランが変更され、音声通話付SIMが以前よりも安くなりました。

            プラン名

            データ通信量

            月額料金

            くりこしプランS

            3GB

            1,628円(税込)

            くりこしプランM

            15GB

            2,728円(税込)

            くりこしプランL

            25GB

            3,828円(税込)

            余ったデータ通信量は翌月に繰り越せるので、損することはありません。

            UQモバイルはこんな人におすすめ!
            • 60歳以上でよく電話をかけるという方におすすめ。「かけ放題(24時間いつでも)」が、月額1,870円(税込)のところ月額770円(税込)で利用できます。これが永年続くのでお得です。
              4
              女性/40代/会社員/福岡県
              • 大手キャリアに比べると毎月の通信費をかなり抑えることが出来ましたし、通話やネットの使用感も特に問題なく普段どおりに使うことが出来ました。こういった点からもとても満足できる内容だと思いました。
              4
              女性/40代/自営業/福岡県
              • 初めて格安SIMを使ってみたのですが、インターネットの回線や通話なども全く問題ありませんでしたし、家庭の毎月の通信費が節約されてとても良かったと思いました。

              イオンモバイル

              出典:イオンモバイル公式サイト
              イオンモバイルの特徴
              • 全国のイオン店舗、一部地域のゲオ店舗で申し込みができる
              • 料金プランが豊富
              • データSIMとスマホの無料貸し出しサービスがある
               

              全国のイオン店舗、一部地域のゲオ店舗で申し込みができます。イオンモバイル専用スペースが設けられ、専任スタッフがいるので、スマホや格安SIM初心者の方でもしっかりサポートしてもらえます。

              料金プランには「音声プラン」「データプラン」「シェア音声プラン」に分かれています。どのプランもデータ通信量の種類が豊富です。最大50GBまであるのでニーズに合わせて選べます。余ったデータ通信容量は翌月に繰り越しできますし、毎月の容量変更は何度でも無料なので月によって使用するデータ通信容量にばらつきがある方に最適です。

              また、データSIM・イオンモバイルの端末を1週間無料で貸し出しできるサービスがあります。イオンモバイル無料貸し出しサービス実施店舗で直接申し込めるので、通信速度やスマホの操作性などが気になる方は試してみましょう。

              イオンモバイルはこんな人におすすめ!
              • デバイスを複数持っている方や家族で契約する方におすすめです。「シェア音声プラン」は、SIMカードを最大5枚まで契約できるため、40GBや50GBなど大容量のデータ通信量をシェアすることで月額料金を抑えることができます。
                4
                女性/30代/自営業/鳥取県
                • 数ある格安SIMの中でも特に良かったと思ったのが料金の安さです。ぞれまで使っていたスマホよりも2,000円くらい安くなりました。また通話の品質も思った以上に良かったのでその点でも満足です。
                3
                女性/30代/会社員/東京都
                • 料金プランも安く通信も安定しているためおすすめのできるブランドです。使用料金に応じてイオンポイントも貯まるのが良かったです。

                BIC SIM

                出典:BICSIM公式サイト
                BIC SIMの特徴
                • 従量制プランのほか、3つのプランから選べる
                • 公衆無線LANサービス「ギガぞう」が無料で使用できる
                • 全国のビックカメラ店舗内に格安SIMカウンターがある
                 

                BIC SIMは、全国のビックカメラ店舗内に設置された「格安SIMカウンター」で回線の開通から契約後のアフターフォローまでさまざまなサポートを受けられます。そのため、格安スマホ初心者でも安心です。

                プラン料金の特徴は、au回線のみ従量制が選べ、余分な利用料を抑えられる点です。そのほかにも、以下の3つのプランがあります。

                プラン

                SMS付きSIM

                通話+データSIM

                ミニマムスタートプラン(3GB)

                990円(税込)

                1,760円(税込)

                ライトスタートプラン(6GB)

                1,672円(税込)

                2,442円(税込)

                ファミリーシェアプラン(12GB)

                2,816円(税込)

                3,586円(税込)

                「ファミリーシェアプラン」では、SIMが最大10枚まで契約可能です。家族でデータをシェアできるので、月額料金を節約できます。

                BIG SIMはこんな人におすすめ!
                • 出先でWi-Fiスポットを利用したい方におすすめ。BIG SIMの月額プランに申し込むと、公衆無線LANサービス「ギガぞう」が無料で利用できます。auとWi2のWi-Fiスポットが無料で使い放題となり、アプリで節約効果もチェックできます。
                  4
                  男性/40代/自営業/千葉県
                  • 月額料金が安くなる期間限定のキャンペーンが開催されていたため、割安感があったので申し込みをしました。容量5GBも使えて12ヵ月間は1,000円未満で利用できるプランに魅力を感じました。通信速度はインターネットに接続する際にややもたつきがありますが、概ね満足はできるほどの早さがありました。
                  3
                  女性/40代/会社員/愛知県
                  • BIC SIMに乗り換えた際にはファミリーシェアプラン12GBで3,260円だったので従前使用していたauに比べるとコスパが非常に良く、通話品質も良く問題なく使えたので満足していました。

                  au回線におすすめな格安SIMの比較一覧表

                  au回線におすすめな格安SIMを表にまとめました。SIMカードの種類ごとに月額料金も掲載しているので比較してみましょう。

                  商品画像
                  商品名QTモバイルIIJmiomineoBIGLOBEモバイルnuroモバイルUQモバイルイオンモバイルBIC SIM
                  月額料金

                  音声通話付:1GB月額979円(税込)~

                  データ通信専用:1GB月額770円(税込)~

                  音声通話付:1GB月額1,298円(税込)~

                  SNS機能付:1GB月額528円(税込)~

                  音声通話付:1GB月額1,298円(税込)~

                  データ通信専用:1GB月額880円(税込)~

                  音声通話付:1GB月額1,078円(税込)~

                  SNS機能付:3GB月額1,122円(税込)~

                  音声通話付:3GB月額792円(税込)~

                  SNS機能付:3GB月額792円(税込)~

                  データ通信専用:3GB月額627円(税込)~

                  音声通話付:3GB月額1,628円(税込)~

                  音声通話付:0.5GB月額1,023円(税込)~

                  音声通話付(シェアプラン):4GB月額1,738円(税込)~

                  データ通信専用:1GB月額528円(税込)~

                  音声通話付:2GB月額858円(税込)~

                  SNS機能付:1GB月額528円(税込)~

                  リンク

                  au回線のメリット・デメリット

                  ここでは、au回線のメリット・デメリットをご説明します。乗り換えに失敗して後悔しないようにメリットだけでなくデメリットもしっかり把握しておきましょう。

                  au回線のメリット

                  まずはau回線のメリットを2点紹介します。

                  通信速度が速い

                  格安SIMの中でもau回線はそのほかのキャリア回線と比べ通信速度が速く、安定していると評判です。そもそも格安SIMは大手キャリアに比べ通信速度が遅いというのは聞いたことがありますよね。理由は、大手キャリアから回線を借りているためで、限られた容量を利用者で分け合うため、通信速度が遅くなりがちです。

                  少しでも通信速度の速い格安SIMをお探しなら、au回線がおすすめです。

                  SMSが無料

                  SMSとは、電話番号でメッセージのやりとりができるショートメッセージサービスのことです。ドコモやソフトバンク回線の格安SIMは有料のオプションサービスですが、au回線なら無料で利用できます。たとえば、LINEなどのアプリを利用するときには、SMS認証機能が必要な場合があります。その際、SMSが無料で使えるのはauならではのうれしい特典です。

                  au回線のデメリット

                  次にau回線のデメリットを紹介します。デメリットが気になる方は他の回線を検討しましょう。

                  使用できる端末が限定される

                  auは、周波数帯がドコモやソフトバンクとは異なります。そのため、au回線の格安SIMに対応している端末に限りがあるのがデメリットです。ドコモやソフトバンクで購入した端末をそのまま利用したい方は注意してください。事前に必ず動作確認済み端末か否かをチェックしましょう。

                  データ通信容量に制限がかかる場合がある

                  au回線のほとんどは、3日間で使えるデータ通信容量に限りがあります。一定の通信量を超えてしまうと、指定期間内は通信速度が遅くなります。契約時に通信容量の上限や制限がかかる期間を確認しておきましょう。制限がある場合でも、そもそも直近3日間で大量のデータ通信量を消費しないという方は、デメリットに感じる必要はありません。 

                  大手キャリアから格安SIMに乗り換える方法

                  乗り換えるためには、SIMロック解除とMNP予約番号の発行を行います。それぞれキャリアごとに手順をまとめたので参考にしてください。auからau回線の格安SIMの乗り換える場合はSIMロック解除は不要です。

                  SIMロック解除の手順

                  SIMロック解除とは、現在使っているスマホを格安SIMでも使えるように利用制限を解除するもので、オンラインから手続きできます。auのスマホからau回線の格安SIMに乗り換えの場合は、通信エリアが変わらないためSIMロック解除の手続きは不要です。(一部、除外あり)

                  IMEI番号の取得

                  事前準備として、IMEI番号という端末の識別番号を確認する必要があり、確認方法はiPhoneとAndroidで異なります。表示されたIMEI番号は必ず控えておいてください。

                  IMEI番号の確認手順

                  iPhone

                  設定>一般>情報>IMEI

                  Android設定>端末情報>機器の状態>IMEI番号>IMEI

                  SIMロック解除手順

                  キャリアごとの解除手順をご紹介します。

                  ドコモ

                  (画像はMy docomo より)

                  My docomoから手続きできます。

                  1. お手続き
                  2. SIMロック解除
                  3. IDとパスワードを入力し、ログイン
                  4. IMEI番号を入力
                  5. 注意事項などを確認した上で、手続きを完了するをクリック
                  ソフトバンク

                  My SoftBankから手続きできます。

                  1. 携帯電話番号とパスワードを入力しログイン
                  2. 契約確認・変更
                  3. SIMロック解除対象機種の手続き
                  4. IMEI番号を入力
                  5. 注意事項を確認後、解除手続きをするをクリック
                  6. SIMロック解除方法を見るをクリックし、その後は指示通りに操作を進めて完了

                  ※ドコモ・ソフトバンクともに、ショップや電話でSIMロック解除を行う場合は、手数料3,300円(税込)がかかります。

                  各キャリアのMNP予約番号発行方法

                  オンライン、電話、店舗のいずれかから手続きしてください。待ち時間をカットしたいなら、オンライン手続きがおすすめです。ここでは、大手キャリアごとのオンライン手続きの手順をご紹介します。

                  (画像はMy docomo より)

                  ドコモ

                  1. マイドコモ(My docomo)
                  2. dアカウントのIDとパスワードを入力
                  3. お手続き
                  4. 携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)
                  5. 解約お手続き
                  6. 注意事項の確認済みチェック後、次へ
                  7. 「携帯電話番号ポータビリティを予約する」と「受付確認メールの送信先」にチェック
                  8. 手続きを完了する
                  9. 予約番号と有効期限が表示される

                  オンライン受付時間は、24時間です。

                  au

                  1. My au
                  2. スマートフォン・携帯電話
                  3. ご契約内容/手続き
                  4. お問い合わせ/お手続きで「MNPご予約」を選択
                  5. MNPを利用する携帯電話の番号を入力後、次へ
                  6. 注意事項への同意にチェック後、「予約番号を発行する」を選択
                  7. 予約番号と有効期限が表示される

                  オンライン受付時間は、9時から20時までです。

                  SoftBank

                  1. My SoftBank
                  2. 設定・申込
                  3. 契約者情報の変更
                  4. 番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き
                  5. 番号ポータビリティ(MNP)予約(予約番号の発行)
                  6. 予約番号と有効期限が表示される

                  オンライン受付時間は、9時~21時30分までです。

                  MNP予約番号には有効期限があります

                  手続きが完了すると、10桁のMNP予約番号と有効期限(取得日から15日間)が画面に表示されるので必ずメモを取っておきましょう。有効期限内に乗り換え先で引き継ぎを行ってください。期限を過ぎると再発行が必要です。

                  au回線と格安SIMのよくある質問

                  au回線と格安SIMに関するよくある質問をピックアップしました。お申し込みをする前にやっておくべきことも紹介しますので、しっかり確認しておきましょう。

                  • どこで申し込んだらいいの? どの格安SIMもホームページで申し込みができます。どのプランを選んだらよいか、スマホも一緒に検討したいなど直接店舗スタッフに相談したい方は、実店舗・ショップに行きましょう。ただし、実店舗がない格安SIMもあるので注意してください。
                  • 格安SIMに乗り換える前にしておくべきことは? 現在の携帯のデータを引継ぎたい方は、バックアップを取りましょう。また、Apple IDはキャリアメール以外に設定しておくと便利です。格安SIMに移行後、キャリアメールは使用できなくなります。パスワードを忘れてしまうと新たにアカウントを作らなければなりません。使用しているスマホが契約する格安SIMに対応しているか事前に確認しておきましょう。
                  • 不要になったSIMカードはどうすればよいの? 大手キャリアからの乗り換えの場合は、不要なSIMカードは処分して大丈夫です。個人情報が入っているので、ハサミで切ってから処分することをおすすめします。MVNOからの乗り換えの場合は、SIMカードの返却を求められることが多いです。誤って処分してしまうと、損害金や再発行の手数料が発生する場合があるので気をつけましょう。

                  さらに詳しく知りたい方はこちら

                  au回線と格安SIMに関するよくある質問の他に、格安SIMに関する情報をもっと詳しく知りたい方に向けて、決定版となる解説記事をご用意しました。

                  下記の記事では、おすすめの格安SIMや初心者でもわかる格安SIM選びのポイントについて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

                  格安SIMのおすすめ14選!自分に合った料金プランを探そう

                  まとめ

                  この記事ではau回線におすすめな格安SIM8選をご紹介しました。大手キャリアと比べ、月額料金をぐんと節約できる格安SIM。MNPも自宅でできるため、思っている以上に乗り換えは難しくありません。

                  この記事でご紹介した格安SIMで気になるものがあれば、ぜひ前向きに検討してみましょう。

                  ※この記事は2021年5月24日に調査・ライティングをした記事です。

                  ※価格・画像は公式サイトを参照しています。