MENU

おすすめの格安SIM9選!複数枚のSIMで通信量をお得にシェア

家族やサブ端末でデータ通信量をシェアしたいなら、格安SIMを複数枚発行するのがおすすめ。お得にデータ通信を使えたり、毎月かかるコストを抑えられたりするので節約にも繋がります。

でも、「家族でシェアできるほど大容量のプランがあるのだろうか?」「SIMの追加と個別契約とでは、月額料金はどのくらい変わるの?」など、疑問や不安を感じている方も少なくないはず。

格安SIMの公式ホームページには、個別契約のプランがメインで掲載されているものがほとんどなので、格安SIMを複数枚使うメリットがわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、編集部が厳選した複数枚での使用に適した格安SIM9選をご紹介します。複数枚発行できる格安SIMの選び方や複数枚持つメリットなども解説していくので格安SIM選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

口コミ調査について
  • 格安SIM初心者でもわかる選び方の3つポイント
  • 必ず知っておきたいSIMを追加することのメリット・デメリット
  • オンラインから簡単にできる追加SIMカードの発行方法

複数枚発行できる格安SIMの選び方

はじめに、複数枚発行できる格安SIMの選び方をご紹介します。ポイントは、発行可能枚数、シェア可能容量、月額利用料金の3つです。

発行可能枚数で選ぶ

1つの回線契約を複数枚のSIMでシェアできる格安SIMが人気ですが、発行できる枚数は格安SIMの会社やプランで異なります。気になる格安SIMが見つかっても、追加したいだけの枚数が発行できない会社やプランなら意味がありません。そのため、複数枚で使用することを前提に格安SIMを選ぶ場合は、家族何人で使用するのか、何台の端末で使用するのかなど明確に決めてから探しはじめましょう。

家族全員が1人1台だけ端末を使用するのであれば格安SIMは家族の人数分で済みますが、1人で2台以上の端末を使用する人がいる場合は、端末の台数分の格安SIMが必要です。必要枚数を明確にしたうえで、その枚数分を発行できる格安SIMを選びましょう。

シェア可能容量で選ぶ

契約する格安SIMやプランによって、シェアできるデータ容量が決まっています。一般的にシェア可能容量に比例して月額料金も高くなるため、使用量と容量のバランスの見極めが大切です。

シェア可能容量を超えてしまった場合、追加でデータ容量を購入できる格安SIMもありますが、割高になってしまいます。毎月定められたシェア可能容量で利用するのが理想的です。家族とシェアするなら、まずは個人で毎月どのくらいのデータ容量を消費しているか確認しましょう。その容量で余裕があるのか、月末は足りなくて我慢しているのかでも変わってきます。

動画配信サービスなど通信量の多いサービスを利用する機会が多い場合は、データ容量が大きいプランを選びましょう。特定の動画配信サービスや音楽配信サービスを対象に、利用料無制限のオプションを提供している格安SIMもあります。

月額料金で選ぶ

大手キャリアから格安SIMに乗り換える理由として上位にあがるのが「価格が安い」です。複数枚で使用する場合も、月額利用料金が安いことが重要です。せっかく安い格安SIMに乗り換えても、複数枚発行することでお得感がなくなっては意味がありません。

多くの場合、個別に契約するより複数枚発行してデータ容量をシェアしたほうが月額利用料金を抑えられますが、利用状況によって抑えられない場合も考えられます。そのため、実際に自分や家族で個別に契約した場合と、格安SIMを複数枚発行してデータ容量をシェアした場合でどちらがお得かを比較したうえで、複数枚で使用するかを決めましょう。

複数枚での使用におすすめの格安SIM9選!

ここからは、編集部が厳選した格安SIM9選を掲載します。5枚以上発行できる格安SIM、シェア可能容量の大きい格安SIM、複数の回線契約ができる格安SIMの3つに分類してご紹介します。

※本記事の料金はすべて税込価格で記載しております。
※本記事に掲載されているキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。詳しくは公式サイトをご確認ください。

追加SIMを発行してデータ容量をシェアできる格安SIM

まずは、SIMを追加してデータ容量をシェアできる格安SIMを5つご紹介します。

IIJmio

出典:IIJmio公式サイト
IIJmioの特徴
  • 最大10枚までのSIMを発行可能
  • au回線とドコモ回線でデータをシェアできる
  • データ容量を翌月に繰り越しできる

IIJmioは、最大10枚(うち音声SIMは最大5枚)までのSIMが発行可能です。プランによって2~4枚目以降で1枚につき月額440円(税込)がプラン料金に加算されます。さらに、ドコモとauの異なるキャリア回線でもデータシェアをできるのが魅力です。

2021年4月からSIMの機能とデータ通信量(2GB~20GB)を自由に組み合わせられるギガプランも登場。プラン料金は、音声通話付きSIMの2GBで月額858円とリーズナブルなのもIIJmioの利点です。

余ったデータ通信量は、翌月に繰り越しできます。

IIJmioはこんな人におすすめ!
  • 家族間でキャリア違いの端末を使っている方におすすめ。au回線とドコモ回線が混在していてもシェアできるので、わざわざ家族全員を同一回線にする変更する必要はありません。
    4
    男性/30代/自由業/山口県
    • 最大10枚のSIMカードでデータ容量をシェアできるので、大人数家族のスマホ代を節約したい場合に絶対的におすすめです。3枚目まではSIMの追加費用が不要なのも良いです。
    4
    女性/20代/会社員/東京都
    • 副業の事業用として使用しています。他社だとSMSを使用するために追加料金がかかりますが、IIJmioはSMSの料金が無料になるプランがあり、お得に使えて満足しています。

    exciteモバイル

    出典:exciteモバイル公式サイト
    exciteモバイルの特徴
    • 2枚目以降のSIMに維持費がかからない
    • データを使用した分だけ支払う従量制プランがある
    • 細かく分けられた段階制プランも用意

    exciteモバイルは、最大5枚までSIMを発行できます。シェア可能な容量は、従量制プランが最大15GB、または定額プランは1GB、3GB、9GB、30GB、50GBです。段階別に用意されているため、自分や家庭にぴったりのプランを見つけやすいのが特徴です。

    前述のプランを利用した際、追加SIMにかかる料金は、通話音声付きが月額528円(税込)/枚、SMS付きが月額462円(税込)/枚、データ通信専用が月額220円(税込)/枚です。

    そのほか、「SIM3枚コース」を組める最適料金プランや毎月定額プランもあります。SIM3枚コースなら、追加SIMが2枚目まで無料。以降は月額429円(税込)/枚です。

    exciteモバイルはこんな人におすすめ!
    • 月によってデータの使用量が大きく変動する方におすすめです。特に、最適料金プランや従量制プランならデータ使用量が少ない月でも損しません。
      3
      男性/40代/自営業/千葉県
      • 複数のSIMを使うことができますが、通信速度は思っていた以上に遅く感じてしまいました。いくら複数のSIMを使うことができるからといって、通信速度自体が遅過ぎるとストレスが溜まってしまいます。手続き自体はシンプルになっているので簡単でした。
      3
      女性/20代/会社員/東京都z
      • 携帯代で月に1万以上の支払いをしていましたが、格安SIMの存在を知り変えました。月の支払いが3分の1くらいになったのでかなり節約になっているし、使い心地も良いので大変満足しています。

      BIGLOBE mobile

      出典:BIGLOBEmobile公式サイト
      BIGLOBE mobileの特徴
      • 発行可能枚数は最大5枚
      • ドコモ回線とau回線に対応
      • 1年目はプラン料金から毎月550円(税込)引き

      BIGLOBEモバイルの発行可能枚数は最大5枚です。主回線の1枚に加え、4枚のSIMを発行できます。シェアSIM(音声)は月額990円(税込)/枚、シェアSIM(SMS)は月額352円(税込)/枚、シェアSIM(データ)は月額220円(税込)/枚です。

      シェアSIMが使えるプランは、3GB、6GB、12GB、20GB、30GBの5種類から選べます。契約から1年間は、通常のプラン料金から月々550円(税込)割引になるのでお得。たとえば音声通話付きプランの1年目は、3GBなら770円(税込)、30GBなら7,645円(税込)です。

      ただし、BIGLOBEモバイルは音声通通話SIMの最低期間契約期間が12ヶ月です。期間満了を待たず解約した場合は、1,100円(税込)の契約解除料が発生するので注意しましょう。

      BIGLOBE mobileはこんな人におすすめ!
      • エンタメ好きの方におすすめ。エンタメフリー・オプションを月額308円(税込)で申し込めば、YouTubeや楽天マガジンなど対象の21サービスで通信量が無制限になるので、データ容量の節約になります。
        3
        男性/30代/自由業/山口県
        • データ通信専用SIMであればわずか月額200円でSIMカードが追加できるのでコストパフォーマンスが良いです。サブのスマホやタブレット用に安いSIMカードを探している人におすすめです。
        2
        男性/30代/会社員/広島県
        • 通話品質はモバイル回線でもノイズが入ったりするなど、相手には聞きとりにくい部分があったのであまり良くなかったです。通信も頻繁にエラーになるので不便でした。

        OCN モバイル ONE

        出典:OCNモバイルONE
        OCN モバイル ONEの特徴
        • ドコモとauの2キャリアに対応
        • すべてのプランでデータ容量のシェアが可能
        • 月額料金をデビットカードや口座振替でも支払い可能

        OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMです。ドコモとauの2キャリアに対応し、最大5枚までSIMを発行可能です。すべてのプランにデータ容量シェアのオプションがあるのが特徴です。1GB、3GB、6GB、10GBから選べます。

        追加SIMの月額料金は、音声通話付きとSMS付きが572円(税込)/枚、データ通信専用が440円(税込)/枚です。

        また、OCNモバイルONEは大手が運営していることもあって、サポート体制が充実しているのも魅力です。公衆Wi-FiサービスであるOCNモバイルONE Wi-Fiスポットを無料で利用できる機能もあります。

        OCN モバイル ONEはこんな人におすすめ!
        • デビットカードや口座振替でも支払い可能なため、クレジットカードを保有していない方におすすめ。また、サポート体制を重視する方にもおすすめです。
          4
          女性/50代/専業主婦(夫)/神奈川県
          • 家族で複数枚使っています。追加のデータカードを無料で入手できるキャンペーンがあったのでお得に入手できました。外出の少ない母親と子どものiphoneやiPadでデータ量をシェアして節約できます。自宅の光回線がOCNなので、割引金額が加算されてお得です。
          4
          男性/40代/自営業/千葉県
          • 複数回線を契約したかったので、それができるこの格安SIMを選びました。数社の格安SIMを利用したかったのですが、4枚までSIMカードを追加できるこの格安SIMに一番魅力を感じました。手続きも簡単で、ストレスなくSIMを追加できました。

          hi-ho LTE typeD

          出典:hi-hoLTEtypeD公式サイト
          hi-ho LTE typeDの特徴
          • 2つのプランでSIMカードを3枚発行できる
          • データSIMは追加しても月々の料金がかからない
          • 初月のプラン料金は無料キャンペーン中

          hi-ho LTE typeDは、4つのプランのうち「アソート」と「ファミリーシェア」の2つのプランでデータシェアが可能です。アソートプランのデータ容量は3GB、ファミリーシェアプランは10GBで、どちらのプランも最大3枚までSIMを発行できます。

          追加SIMの月額料金は、音声通話付きが770円(税込)/枚、SMS付きが154円(税込)/枚。データ通信専用は無料なので、子供のオンライン授業専用端末やサブ端末の維持にも最適です。

          また、高速通信のオンオフ機能や余った容量を翌月に繰り越せるサービスなど、便利な機能が満載。どのプランも初月は月額料金が無料なのもうれしい特典です。

          hi-ho LTE typeDはこんな人におすすめ!
          • データの読み込みスピードの速さを求める方におすすめ。hi-ho LTE typeDは、バースト転送を利用できるので、低速通信に設定していても、最初の読み込みスピードは高速通信になります。SNSやサイトもさくさく開けてストレスフリーです。
            3
            男性/30代/自由業/山口県
            • アソートプランでは用途に応じて適切な活用ができます。3GBという比較的低容量でありながら、最大で3枚のSIMカードが利用できる点がありがたいです。データSIM3枚のコスパは最高です。
            2
            女性/20代/専業主婦(夫)/京都府
            • いろんなプランがあるため、自分の使い方にあったものを選べます。格安SIMなので、大手を使用していた時よりも大幅に安くなりました。繰り越しも出来るので便利です。

            誰とでもデータ容量をシェアできる格安SIM

            次に、契約回線のユーザー同士なら誰とでもデータ容量が分け合える格安SIMを2つご紹介します。SIMを追加する必要がない格安SIMです。

            mineo

            出典:mineo公式サイト
            mineoの特徴
            • ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアに対応
            • 複数の回線を紐付けてデータシェア可能
            • 全国のmineoユーザーとも容量を分け合える

            mineoは、当月中に使い切れなかったデータ容量を翌月に繰り越し、最大10回線でシェアできるというサービスがあります。代表者がシェアしたいメンバーに承認依頼メールを送り、メンバーが承認すれば、登録メンバー同士で容量を分け合えます。

            さらに、「フリータンク」と呼ばれるサービスなら、全国のmineoユーザーと容量をシェアできるのも特徴です。容量が足りないときは、毎月21日から末日までの期間に1人2回まで、合計1,000MBを無料で引き出せます。容量が余った人は、不要な分をタンクへ移行すれば困っている誰かが使ってくれるので容量が無駄になりません。

            プランは音声付きSIM・データ専用SIMとも、1GB、5GB、10GB、20GBの4種類から選べます。料金は、音声付きが1GB1,298円~20GB2,178円(税込)、データ通信のみが1GB880円〜20GB1,925円(税込)です。

            mineoはこんな人におすすめ!
            • まずは試してみたいという方におすすめ。「お試し200MBコース」は事務手数料550円(税込)に、音声通話込みプランなら月額1,100円(税込)、データ通信のみなら月額330円(税込)で最大2ヶ月mineoを利用できます。フリータンクも利用できます。
              5
              女性/30代/専業主婦(夫)/岐阜県
              • 大手キャリアから乗り換えて月々の料金が大幅に下がりました。2年縛りなどがないことも魅力です。パケットを知り合いと分け合うことができて、繰り越しもできるので1番少ないメガ数でも十分足りています。
              4
              女性/30代/専業主婦(夫)/埼玉県
              • 大手キャリアのスマホ端末をそのまま使えます。SIMを入れ換えて、手順書に従って設定しましたが、機器に疎くても簡単に設定できました。大手キャリアの時と同じくらいのデータ通信容量を使っても利用料がしっかり安くなって満足しています。世の中の利用量が増える時間帯はやや速度が遅くなるが、概ね速度に不満を感じずに利用しています。

              nuro mobile

              出典:nuromobile公式サイト
              nuro mobileの特徴
              • 別々のキャリア回線でもデータ容量をプレゼントできる
              • データ通信が無制限のプランがある
              • サポート体制が充実している

              nuroモバイルは、パケットギフト機能で使い切れなかった容量をほかのユーザーにプレゼントできます。nuro mobileユーザーなら誰でもOK。ドコモやauなど異なる回線のユーザーにもデータを贈れるので、友人同士でもシェアしやすいのが魅力です。

              シェアできるデータ容量の単位は10MB以上から。その後は1MB単位と細かく設定が可能なので、ちょっとしか余らなくても、その分で誰かが喜んでくれるので積極的にシェアしましょう。

              ただし、データ無制限プランに申し込んでいる方は、パケットギフトを利用できないので注意してください。パケットギフトを使えるのは、3GB、5GB、8GBに契約中の方です。

              nuro mobileはこんな人におすすめ!
              • 手厚いサポート体制を求める方におすすめ。電話1本で自宅に来てトラブルを解決してくれる訪問サポート、基本操作を教えてもらえる遠隔サポート、端末補償もあるので、契約後も安心して格安SIMを利用できます。
                4
                女性/20代/その他/東京都
                • 元々ドコモで契約していたのですが、nuro格安SIMに変えるときに機種的にアンロックされていなくて他の回線では使えなかったけど、ドコモ回線用のものがあったのでアンロックされていない状態でも格安SIMに変えることができて携帯代を大幅に削減することができました。あと年契約なので、とりあえず回線のつながり具合とか自分のデータ使用量で様子見ようと思って始めたので、一年で解約金がかからないのはありがたかったです。容量が足りなくなって緊急の時に追加できて、その追加の料金も800円くらいでとてもお得で、ちょっと必要な月だけ追加できて助かりました。
                3
                男性/40代/会社員/東京都
                • 格安SIMの事を知りませんでしたが、同僚から教えてもらいました。利用したら使用料金がおさえられて良かったです。この事を別の同僚に教えたら、その同僚も使用しておこずかいが増えて良かったと喜ばれました。今後もこの事を周りに広めていこうと思います。
                 

                家族特典でお得になる格安SIM

                最後に、家族割やお得なファミリープログラムがある格安SIMを2つご紹介します。

                UQ mobile

                出典:UQmobile公式サイト 
                UQ mobileの特徴
                • 最大5回線まで契約可能
                • 同一名義の複数回線でも家族割が適用される
                • 口座振替でも支払い可能

                UQ mobileは、同一名義で複数の回線を契約したうえで、家族割を適用させることができます。ただ、回線同士でデータをシェアすることはできません。シェアではなく、個別契約を検討している方におすすめです。

                同一名義でいくつも契約できるメリットは、家族割を適用して月々の料金を安くできる点です。子回線の月額料金から毎月550円(税込)が値引きされるので、通信コストを抑えられます。個人で仕事用とプライベート用に契約したい方にも最適です。

                プランの容量は、3GB、15GB、25GBから選べます。対応キャリアはauのみです。

                UQ mobileは口座振替での支払いにも対応しているため、クレジットカードをお持ちでない方でも契約可能です。3GB、15GB、25GBというデータ容量のプランが用意されていて、格安SIMのなかでも通信速度に優れているという特徴を持っています。

                UQ mobileはこんな人におすすめ!
                • auのサブブランドなので、格安SIMのなかでも通信速度に優れています。ある程度コストを抑えつつ、複数の回線で快適な通信をしたい方におすすめです。
                  4
                  女性/20代/専業主婦(夫)/愛知県
                  • 大手キャリアを使っていた頃と比べて料金がとても安いです。正午ごろはインターネット検索などのデータ通信が繋がりにくいと感じますが、近頃はカフェなどWi-Fiが使える場所も増えてきている為、不便に感じることはそんなにありません。
                  3
                  女性/30代/専業主婦(夫)/東京
                  • 大手から乗り換えました。あまり通話をしない人の料金プランが安くて、月々の料金を抑えることが出来ました。近くに店舗がなくても、サポートを必要とする事がなかったため問題ありませんでした。

                  NifMo

                  出典:NifMo公式サイト 
                  NifMoの特徴
                  • 家族でデータ容量をシェア可能なファミリープランがある
                  • 個別に契約した回線をシェア可能
                  • シェアすることで毎月ボーナスデータ容量がもらえる

                  NifMoは、個別契約がおすすめの格安SIMです。「NifMoファミリープログラム」で家族みんなが得する2つの特典があります。1つ目は、データ容量をシェアできること。それぞれ好きなプランに個別契約をして、余ったデータ容量を家族に分けられるサービスです。一般的な格安SIMだと、シェアプランは個別プランより月額料金が割高ですが、NifMoは個別もシェアもプラン料金に差はありません。

                  持っているデータ容量をグループでシェアする仕組みになっているのが大きな特徴です。ただし、家族で分け合う意思を伝えるため、シェアプランの変更手続きが各回線ごとに必要です。

                  2つ目は、家族みんなに毎月0.5GBのデータ容量がプレゼントされることです。4人家族なら合計2GBが無料で使えます。これらの特典は、最大7回線まで。家族が離れた場所に暮らしていても適用されます。

                  プランは3GBから50GBでの5つ。音声通話なら3GB月額1,760円(税込)、50GB6,050円(税込)です。

                  NifMoはこんな人におすすめ!
                  • ポイ活をしている方におすすめ。ポイントサービス「ライフメディア」でアプリの無料お試し登録やアンケートに回答すると、ポイントを貯められます。貯めたポイントは利用料金の割引に利用したり、現金に交換できてお得です。
                    4
                    男性/30代/会社員/広島県
                    • データ通信に関しては普段の行動エリアで全く問題なく利用できました。若干遅い時間帯や場所もありましたが許容できる範囲でした。繋がりにくくストレスになるようなことはありませんでした。
                    3
                    男性/30代/会社員/京都府
                    • 大手キャリア各社と格安SIMキャリア各社のサービス内容と料金体系を比較して、格安SIMに切り替えました。通信速度など、実際のサービス内容に関しては大手キャリアと変わりません。
                     

                    複数枚での使用におすすめの格安SIMの比較一覧表

                    ご紹介した格安SIMを表にまとめました。月額料金なども掲載していますので、比較をするときの参考にしてください。

                    商品画像
                    商品名IIJmioexciteモバイルBIGLOBE mobileOCNモバイルONEhi-ho LTE typeDmineonuro mobile UQモバイルNifMo
                    料金

                    音声通話付2GB 月額858円(税込)~

                    SIM追加(プランによって2~4枚目以降):月額440円(税込)/枚

                    音声通話付低速通信 月額660円(税込)~

                    SIM追加(2枚目以降):音声通話付 月額528円(税込)/枚、SMS付 月額462円(税込)/枚、データ通信専用 月額220円(税込)/枚

                     

                    音声通話付3GB 月額1,320円(税込)~

                    シェアSIMプラン(2枚目以降):音声通話付 月額990円(税込)/枚、SNS付 月額352円(税込)/枚、データ通信専用 月額220円(税込)/枚

                     

                    音声通話付1GB 月額770円(税込)~

                    容量シェアプラン(2枚目以降):音声通話付・SNS付 月額572円(税込)/枚、データ通信専用 月額440円(税込)/枚

                    音声通話付3GB 月額2,319円(税込)~

                    容量シェアプラン(2枚目以降):音声通話付 月額770円(税込)/枚、SMS付 月額154円(税込)/枚、データ通信専用 無料

                    音声通話付1GB 月額1,298円(税込)~

                    音声通話付3GB 月額792円(税込)~

                    音声通話付3GB 月額1,628円(税込)~

                    家族割プラン(2回線目以降):各回線基本月額料金から550円(税込)割引

                    音声通話付3GB 月額1,760円(税込)~

                    リンク  

                    格安SIMを複数枚持つメリット・デメリット

                    ここからは、格安SIMを複数枚発行する場合のメリットとデメリットをご紹介します。メリットだけでなくデメリットも理解したうえで選びましょう。

                    メリット①家族でデータ通信量をシェアできる

                    家族内でデータ通信量をシェアできるのが最大のメリット。ゲーム好きの息子は毎月容量が足りず追加料金がかかっている、母親はサイト閲覧程度で容量を持て余しているなど、家族内で月々のデータ通信量の消費にばらつきがある場合は、シェアすることで余計な課金も不要になりますし、容量を無駄にすることもなくなります。

                    メリット②テザリングの手間が省ける

                    サブ端末として2台目のスマホやタブレットをお持ちの方は、追加SIMカードを使うことでテザリングしなくてもサブ端末を単体で使えるようになり便利です。子供がタブレットでオンライン授業を受けるときも、テザリングの操作がいらないので親が側にいなくてもOK。

                    また、テザリング中はバッテリーの消費が早くなってしまうので、バッテリーの温存にも有効です。

                    デメリット①通信制限がかかるときがある

                    家族の誰かがデータ通信量を使いすぎた場合、通信制限が家族全員にかかってしまいます。回避策としては、契約前に個人単位でなく家族単位で1ヶ月に使うデータ通信量を把握し、家族に適した使いやすいデータ通信容量プランを申し込むことです。

                    共通認識として、家族で「シェア」していることを忘れないようにしましょう。

                    音声通話付きSIMを追加するときの注意点

                    追加のSIMカードで音声通話付きSIMを使いたい場合、最初の契約が音声付きSIMであることが必須です。また、1枚目の音声付きSIMは従来の電話番号を引き継げますが(MNP)、追加する音声SIMでも引き継げるかは、契約する会社ごとに異なります。

                    追加するSIMでMNPをしたい方は、BIGLOBEモバイル・IIJmio・OCN モバイル ONEなどがおすすめです。

                    複数枚で使用する格安SIMのよくある質問

                    格安SIMに関するよくある質問をまとめました。追加SIMの発行方法もお伝えするので、目を通しておくと便利です。

                    • 追加SIMの発行方法は? マイページから申し込めます。シェアプランに変更が必要な場合やデータ通信容量を増やしたい場合は、先にプランの変更手続きをしてください。その後、追加SIMカードの手続きをします。画面の指示に従って、利用者情報や追加したいSIMの種類を選択。手続き完了後、SIMカードは最短2日、遅くとも1週間ほどで手元に届きます。
                    • 格安SIMの複数枚使用は大手キャリアの家族割よりお得? 格安SIMはもともとの通信量が安いため、データ容量をシェアするプランを利用すれば、大手キャリアの家族割よりもお得に利用できる可能性があります。シェアできるデータ容量や枚数などはそれぞれの会社、プランによって異なります。お得に利用するためには、自分に最適な格安SIMとプランを選ぶことが大切です。
                    • データ通信専用SIMで電話はできないのですか? 電話は音声通話付きSIMでしかできません。ただデータ通信専用SIMでも、LINEやSkypeなどインターネット回線を利用した通話は可能です。普段、アプリ通話を利用している方はデータ通信専用SIMでも不便に感じることはないでしょう。

                    さらに詳しく知りたい方はこちら

                    複数枚で使用する格安SIMに関するよくある質問の他に、格安SIMに関する情報をもっと詳しく知りたい方に向けて、決定版となる解説記事をご用意しました。

                    下記の記事では、おすすめの格安SIMや初心者でもわかる格安SIM選びのポイントについて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

                    格安SIMのおすすめ14選!自分に合った料金プランを探そう

                    まとめ

                    この記事では、複数枚発行することができるおすすめの格安SIMをご紹介しました。自身や家族の利用状況によって、SIMの枚数、それに伴う月額利用料金、データ通信容量が決まります。まずは、家族で話し合ってみましょう。

                    その際、ぜひ本記事をお役立てくださいね。

                    ※この記事は2021年5月24日に調査・ライティングをした記事です。

                    ※価格・画像は公式サイトを参照しています。